デイサービスの転職について » 勤務形態について

看護師がデイサービスで働くならどのような勤務形態なのか知っておきましょう

勤務形態は病棟とは違うのか調べてみました

デイサービスの看護師の仕事は、施設を利用する人の
健康診断や健康状態の確認・記録などが主なものです。

このようなデイサービスの看護師の勤務形態は、基本的には日中のみのところが多いようです。

というのは、デイサービスの形態によるためです。

デイサービスとは、食事や入浴などの介助を家から通いながら受けたり、
レクリエーションや機能訓練などのサービスを受けたりすることが可能なものです。

利用している人は夜の時間帯は帰るため、
午前9時頃から午後5時頃までの勤務時間となっているところがほとんどなのです。


このようなことから、デイサービスの看護師の勤務形態は、
昼間の時間帯が多く、基本的に残業や夜勤はありません。

このような勤務形態は、仕事と家庭を両立させたいと思っている方や子育て中の方にとっては、
非常に適していると言えるのではないでしょうか。

このようなところを選べば、勤務形態が残業や夜勤が発生しない日勤のみのため非常に魅力的ではないでしょうか。

デイサービスの看護師の勤務形態は、看護師の資格を活かしつつ、
自分の時間を充実させたい方や仕事と家庭を両立させたい方にとっては、
非常に仕事を行いやすいものと言えるのではないでしょうか。


このようなデイサービスの看護師の求人を探す場合は、
豊富な実績がある看護師の転職サポート会社を利用することをおすすめします。

転職活動を個人で進めていこうと考えても、非常に難しいため、プロにサポートしてもらってはいかがでしょうか。